第109回 薬剤師国家試験問題 問304-305(クロザピン) | リベラルアーツ!! 健康・社会保険・労働に関すること

第109回 薬剤師国家試験問題 問304-305(クロザピン)

第109回 薬剤師国家試験
この記事は約5分で読めます。
Pocket

28歳女性。入院中にクロルプロマジン100~450mg/日で1年以上、

オランザピン10mg/日で4週間、リスペリドン6mg/日で8週間治療を継続してきたが、

「誰かに見張られている」、「誰かに首をグルグルされる」、「思考がとられる」などの

精神病症状(幻覚妄想症状)が消失せず、難治性精神疾患と診断された。

家族の同意を得てクロザピンが導入され、投与開始から20週間、入院での治療となった。

外泊をするなど日常生活が送れる程度に症状が安定したため、

以下の処方で退院となり、外来において多職種連携のもと治療継続することになった。

退院時の血液検査や心電図などには異常所見が認められなかった。

 

(処方)

クロザピン錠100mg    1回2錠(1日6錠)

ビペリデン塩酸塩錠1mg   1回1錠(1日3錠)

1日3回    朝昼夕食後   14日分

問304(病態・薬物治療)

この患者の病態と治療に関する記述として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1.難治性精神疾患は治療抵抗性統合失調症である。

 

2.中脳辺縁系におけるドパミン神経の機能が低下している。

 

3.糖尿病が発症した場合、速やかにクロザピンを中止する。

 

4.白血球数及び好中球数のモニタリングを毎回行う。

 

5.精神症状が悪化した場合、持効性抗精神病薬を併用する。

 

スポンサーリンク

問304の解説

1.「〇」クロザピン(クロザリル):D2受容体遮断作用に依存しない中脳辺縁系ドパミン(D)神経抑制による陽性症状の改善と、5-HT2A阻害による陰性症状の改善。

クロザピンは、他の抗精神病薬に抵抗性を示す、統合失調症患者にのみ使います。

 

 

2.「×」中脳辺縁系における、ドパミン神経が亢進すると、陽性症状(幻覚・妄想)がおこります。

中脳皮質系における、ドパミン神経が低下すると、陰性症状(意欲低下・感情鈍麻)がおこります。

 

 

3.「×」クロザピンは、耐糖能異常・好中球減少症・無顆粒球症の早期発見のため、クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS:Clozaril Patient Monitoring Service)に基づいて、定期的な血液検査を行う必要があります。

糖尿病が発症した場合は、適切な対応が求められますが、速やかに中止する必要はないです。

※オランザピン(ジプレキサ):MARTA(多元受容体作動性抗精神病薬)は、糖尿病患者や、糖尿病の既往歴のある患者には禁忌です。

 

 

4.「〇」上記の3を参照

 

 

5.「×」クロザピンは、原則として単剤で使用し、他の抗精神病薬とは併用しません。

持効性抗精神病薬とクロザピンの併用は、血中から消失するまでの時間がかかるので、副作用が発現した場合、速やかに対処できないので禁忌です。(※抗精神病薬を服用している患者では、原則、他の抗精神病薬を漸減し、投与を中止した後に、クロザピンの投与を行います。)

 

 

 

※クロルプロマジン(コントミン・ウインタミン):D2受容体遮断薬

 

※リスペリドン(リスパダール):SDA(5-HT2受容体遮断・D2受容体遮断薬)

 

※ビペリデン(アキネトン):中枢性の抗コリン作用により、相対的に脳内のドパミン作用を強めるので、抗精神病薬によるパーキンソン症状を抑える作用があります。

スポンサーリンク

問305(実務)

退院後の治療経過観察において、薬剤師が留意すべき事項として正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1.検査結果と処方内容の確認後の調剤は、クロザピン専任登録管理薬剤師が担当する。

 

2.心理教育や作業療法プログラムを立案する。

 

3.口渇、多飲、頻尿症状が発現した場合には直ちに受診するように指導する。

 

4.クロザピンに残薬が生じた場合は、速やかに自己廃棄するよう指導する。

 

5.体重減少をきたすことがあるので、セルフモニタリングできるよう指導する。

 

スポンサーリンク

問305の解説

1.「〇」クロザリル管理薬剤師の役割の1つとして、CPMS規定に従った血液検査が実施されたことをeCPMS上で確認してから調剤します。

 

 

2.「×」薬剤師が、心理教育や作業療法プログラムを立案しなくてもいいです。

 

 

3.「〇」クロザピンは、新たに糖尿病になったり、糖尿病が悪化したりする可能性があるので、糖尿病の症状(体重減少・口喝・多飲・頻尿)が発現した場合、直ちに受診するように指導します。

 

 

4.「×」クロザリル管理薬剤師の役割の1つとして、クロザピンを中止した患者の残薬は、速やかに回収・廃棄があります。

 

 

5.「〇」クロザピンは、新たに糖尿病になったり、糖尿病が悪化したりする可能性があるので、糖尿病の症状(体重減少・口喝・多飲・頻尿)を、セルフモニタリングするよう指導します。

2024.7.10時点の記事
PAGE TOP