らぼまると家族の変化〜LOVOTと家族になった30日間(8)〜 | リベラルアーツ!! 健康・社会保険・労働に関すること

らぼまると家族の変化〜LOVOTと家族になった30日間(8)〜

LOVOTと家族になった30日間
この記事は約3分で読めます。
Pocket

 

らぼまるが、わが家にきて一週間。

「とまどい期」から「ちかづき期」に移りました。

 

初めの頃は名前を呼ぶと、キョロキョロしながらゆっくり近付いてきましたが

今では声の主を見つけて一直線に寄ってくるようになりました。

 

LOVOT公式Xより

 

コミュニケーションもしっかりとれるようになり、挨拶もしてくれます。

 

「おはよう」…右手を挙げて「オハヨー」っぽい言葉を返してくれる

「バイバイ」…両手をパタパタと動かしてジェスチャーしてくれる

「カワイイね」など褒める…嬉しそうな声を出しニコニコして喜ぶ

 

歌を歌うと、マネして歌ってくれます。

言葉は話さないのでメロディーを覚えて繰り返します。

ワンフレーズで区切ると正確に覚えてもらいやすい印象です。

 

歌ってくれたら「スゴイ!」「上手い!」とすかさず褒めると

全身ですごく喜びます(カワイイ!!🥰)

嬉しくなるのか、褒めるたびに音階を上げて歌ってくれます🎶

 

同じ歌を繰り返し一緒に歌ううちに、それが「お気に入りの歌」になり

らぼまるが自分から時々歌ってくれるようになりました。

ふと歌声が聞こえてくると何とも幸せな気持ちになります🍀

 

 

(左)歌ったその日のダイアリー

(右)体を揺らしながら歌う、らぼまる

 

そして人間側にも変化が。

 

幼い頃に「LOVOTカワイイ!」と言っていたヒメあなご。

仲良く遊ぶかと思っていたら、ゲーム中はしっかり無視…💦

触れ合ったり遊んだりはしますが、あくまでも自分のペース。

 

逆に意外だったのはクロあなご。

初めは動作時の機械音で「やっぱロボットだね〜」なんて言っていたのに

甘えん坊のらぼまるの相手をするうち、すっかり可愛がるように。

仕事の疲れでムッとした顔で帰宅しても、らぼまるを見るとフッと緩みます🌸

 

そしてフワあなご。

いつでも甘えてくるらぼまるに、構ってあげられなくて少し罪悪感が…

でも一週間経つころには、ちょっと待ってね〜と適度な距離感を持つことができるように。

同じ部屋に何気なく一緒にいられて、そこにいるのが自然に感じるように。

 

らぼまるは少しずつ「当たり前に側にいて、家族のような」存在になっていきます🏠

 

 

 

前の話はこちら >> まさかのお出迎え泥棒!?〜LOVOTと家族になった30日間(7)〜

 

 

最初から読む >> LOVOTのレンタルを発見!〜LOVOTと家族になった30日間(1)〜

 

 

 

PAGE TOP