第109回 薬剤師国家試験問題 問165-166(スピロノラクトンと体液量の関係) | リベラルアーツ!! 健康・社会保険・労働に関すること

第109回 薬剤師国家試験問題 問165-166(スピロノラクトンと体液量の関係)

第109回 薬剤師国家試験
この記事は約3分で読めます。
Pocket

50歳女性。 5年前に近医にて高血圧を指摘され、アムロジピン5mg/日を服用していた。

最近の血圧は155/95 mmHg程度と高値が持続しており、頭痛や脱力を自覚し今回受診した。

二次性高血圧が疑われたため、腹部CT検査が実施されて左副腎に腫瘍を認めたが、血中コルチゾール値や血中カテコールアミン値の上昇は認めなかった。

問165(薬理)

この患者にスピロノラクトンが投与されることになった。

スピロノラクトンに関する記述として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1.上皮性Na+チャネルの発現を増加させる。

 

2.アルドステロン誘導タンパク質の生合成を抑制する。

 

3.腎尿細管におけるNa+, K+-ATPaseの発現を増加させる。

 

4.腎尿細管におけるK+分泌を促進する。

 

5.抗アンドロゲン作用を示す。

 

スポンサーリンク

問165の解説

1.「×」

 

 

2.「〇」スピロノラクトンの構造がアンドロゲン(男性ホルモン)やプロゲステロン(女性ホルモン)と似ているため、女性では月経不順や多毛、男性では女性化乳房が知られており、この副作用が、アルドステロン誘導タンパク質の生合成抑制となります。

 

 

3.「×」

 

 

4.「×」

 

 

5.「〇」スピロノラクトン(アルダクトン)は、遠位尿細管のアルドステロン受容体で、アルドステロンと拮抗することにより、Na-K交換を抑制するので、Naと水の排泄を促進し、Kの排泄を抑制します。

スポンサーリンク

問166(病態・薬物治療)

本症例で認められる血液検査所見として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1.カリウム低値

 

2.カルシウム高値

 

3.LDLコレステロール高値

 

4.遊離チロキシン(FT4)高値

 

5.レニン活性低値

 

スポンサーリンク

問166の解説

設問より、CT検査で副腎に腫瘍が認められるが、血中コルチゾールやカテコールアミンの上昇が認められないより、アスドステロン症を疑って問題を解いていきます。

(※副腎皮質の腫瘍+コルチゾールが過剰分泌されていたら、クッシング症候群を、副腎髄質の腫瘍+カテコールアミンが過剰分泌されていたら、褐色細胞腫を疑います)

 

1.「〇」アルドステロン症は、副腎からアルドステロンが過剰分泌されている疾患なので、アルドステロンの作用により、Naと水の再吸収が促進され、Kの排泄が促進されます。

 

 

2.「×」

 

 

3.「×」

 

 

4.「×」

 

 

5.「〇」本来、血圧が下がると腎臓からレニンが分泌されて、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系が活性化され、血圧が上昇しますが、アルドステロン症は、アルドステロンが過剰分泌されているため、フィードバック作用により、レニン活性の低値が認められます。

2024.5.20時点の記事
PAGE TOP