脂質異常症(高脂血症)を予防・改善する方法

医院・クリニック関連
この記事は約7分で読めます。
Pocket

目 次
脂質異常症(高脂血症)とは、どんな病気?
血液中のLDL-C(悪玉コレステロール)・TG(中性脂肪)が高くなる
または、HDL-C(善玉コレステロール)が低くなることを脂質異常症(高脂血症)といいます。
血液中の脂質の種類 基準値 病名
LDLコレステロール
(悪玉コレステロール)
140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール
(善玉コレステロール)
40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
TG(中性脂肪)

トリグリセライド

150mg/dL以上 高トリグリセライド血症
脂質異常症(高脂血症)の原因
遺伝的な要因や生活習慣(食べ過ぎ・運動不足・喫煙・アルコールの飲みすぎ・ストレスなど)が
原因といわれています。
脂質異常症(高脂血症)の症状
脂質異常症の症状は、ほとんどありません。
しかし、血液中のLDL-C(悪玉コレステロール)やTG(中性脂肪)が高い状態が続くと、
動脈硬化が起こり、動脈硬化性疾患(冠動脈疾患や脳卒中)が起こりやすくなることが示唆されています。
脂質異常症(高脂血症)の疑問①:食事制限で、なかなかコレステロールが下がらない理由
血液検査でコレステロールが高いと、医師などから食事制限をしてコレステロールを下げるよう言われ、
実際に食事制限をしても、なかなかコレステロールが下がらないことが多いと思います。

 

その理由として、コレステロールは、1日で体重1kgあたり、12~13 mg 体内で合成され、
食事でコレステロールを多く摂ると、肝臓でのコレステロール合成量は減少するのですが、
食事でコレステロールを少なく摂ると、肝臓でのコレステロールの合成量は増加することが知られています。

 

このため、食事制限をして、コレステロールの摂る量を減らしても、
なかなか、血液検査でコレステロール値が下がらないのです。
ちなみに、食事由来のコレステロールは、体内で作られるコレステロールの 1/3~1/7 と言われています。

 

≪参考資料≫
DI BUONO, Marco, et al. Comparison of deuterium incorporation and mass isotopomer distribution analysis for measurement of human cholesterol biosynthesis. Journal of lipid research, 2000, 41.9: 1516-1523.
ROS, Emilio. Intestinal absorption of triglyceride and cholesterol. Dietary and pharmacological inhibition to reduce cardiovascular risk. Atherosclerosis, 2000, 151.2: 357-379.
MCNAMARA, Donald J., et al. Heterogeneity of cholesterol homeostasis in man. Response to changes in dietary fat quality and cholesterol quantity. The Journal of clinical investigation, 1987, 79.6: 1729-1739.
脂質代謝異常症(高脂血症)の薬:脂質異常症治療薬(高脂血症治療薬)一覧

食生活の欧米化による過剰な脂肪の摂取が、血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を増やし、

動脈硬化を進展させていきます。動脈硬化が進むと、血管が狭くなるので、

血管イベント(狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・大動脈瘤・手足壊死など)が起こりやすくなります。

 

以下の表で、現在日本で使用されている脂質異常症治療薬の一覧を示します。2)

分類 LDLコレステロール
(悪玉コレステロール)
HDLコレステロール
(善玉コレステロール)
TG
(中性脂肪)
スタチン ↓↓↓
陰イオン交換樹脂 ↓↓
小腸コレステロールトランスポーター阻害薬 ↓↓
フィブラート ↑↑ ↓↓↓
ニコチン酸誘導体 ↓↓
プロブコール ↓↓
多価不飽和脂肪酸
分類 商品名 一般名
 スタチン メバロチン® プラバスタチン
リポバス® シンバスタチン
ローコール® フルバスタチン
リピトール® アトルバスタチン
リバロ® ピタバスタチン
クレストール® ロスバスタチン
陰イオン交換樹脂 コレバイン® コレスチミド
小腸コレステロールトランスポーター

阻害薬

ゼチーア® エゼチミブ
フィブラート ベザトール®SR ベザフィブラート
リピディル®・トライコア® フェノフィブラート
リポクリン® クリノフィブラート
パルモディア® ペマフィブラート

ニコチン酸誘導体
ユベラN® トコフェロール
コレキサミン® ニコモール
プロブコール シンレスタール®・ロレルコ® プロブコール

多価不飽和脂肪酸
エパデール® イコサペント酸エチル(EPA)
ロトリガ® ωー3脂肪酸エチル(EPA・DHA)

医薬品を使用する場合は、使用する患者の年齢、症状、効果時間など様々な要因で変わってきます。
自己判断せず専門家(医師、薬剤師など)に相談することをお奨め致します。

 

≪参考資料≫
2)  動脈硬化性疾患予防ガイドライン

脂質異常症(高脂血症)を予防する・悪化を防ぐための生活方法2) 
①禁煙(受動喫煙もしないようにする) 
②食べ過ぎないようにして、標準体重を維持する
③野菜・果物・海藻・魚類・大豆製品の食べる量を増やす
④肉の脂身・乳製品・卵黄の食べる量を減らす
⑤食塩を控える(6g/日未満)
⑥アルコールを飲み過ぎないようにする(25g/日以下)
⑦有酸素運動を毎日30分以上おこなう

 

※以下の1つの分量が、25gのアルコールに相当します。
日本酒:1合
ビール:中瓶1本
ウイスキー:シングル水割り2杯
ワイン:グラス2杯  
≪参考資料≫
2)  動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療のエッセンス(2014)
脂質異常症(高脂血症)によいと言われている食品
EPAやDHAを多く含んだ魚がよいと言われている。

 

EPAの期待される効果:血栓予防・抗炎症作用
DHAの期待される効果:脳の発達促進・認知症予防・視力低下予防・動脈硬化の予防や改善

 

EPAやDHAを多く含む食品(可食部100gあたり)3)

EPA
(エイコサペンタエン酸)
クロマグロ(脂身) 1400mg
マイワシ(生) 1200mg
ハマチ養殖(生) 980mg
ブリ(生) 940mg
サンマ(生) 890mg
DHA
(ドコサヘキサエン酸)
クロマグロ(脂身) 3200mg
ブリ(生) 1700mg
サンマ(生) 1700mg
ハマチ養殖(生) 1700mg
サンマ(焼き) 1400mg
≪参考資料≫
3)文部科学省「五訂増補日本食品標準成分表脂肪酸成分表編」
脂質異常症(高脂血症)を予防する・悪化させない生活方法の結論
・魚類(青魚)の食べる量を増やす
・肉の脂身・乳製品・卵黄の食べる量を減らす
・有酸素運動を毎日30分以上おこなう
PAGE TOP